《ギャッベのお手入れについて》 (お時間のある時にお読みください。)

 

Tinyknotsが取り扱っているギャッベはイランの遊牧系民族が古くから伝わる方法で織り上げています。

それはいわばペルシャ絨毯の原型とも呼べるもので、

彼らは羊の毛の刈込・紡ぎ・染め・織りの殆どを自らの手で行っています。

ギャッベは羊毛に含まれている脂や草木染の経年変化によって、

使いはじめよりも、5年、10年と使い込んでいくごとに使い心地や味わいが増してまいります。

気持ちよくお使いいただくために、また次の世代にお伝えいただくためにもお手入れは大切ですが、

普段は少しだけ気にかけていただければ十分です。

なぜなら、ギャッベは遊牧生活という日本よりもはるかに厳しい住環境に耐え、

暮らしを守ってきた堅牢なものだからです。

また、ウールは繊維の核の部分(中心部)が空洞になっているのに加え、

厳しい気候から身を守るための脂分が残っているのでたとえ汚れが付いたとしても、

早めに対処すれば中まで届いてしまうことはかなりの割合で避けられます。

 

また、絨毯をはじめとする毛織物がも苦手なもののひとつが、閉ざされた空間。

湿気がたまって、臭いがしたり虫がついたりする原因となります。

マンションや密閉性の高い空間でのご使用の際は、お部屋の換気を少し多めにしていただいたり

敷く場所を少し変えていただくだけで、長い間心地よくお使いいただける可能性が

ぐんと高まることでしょう。

 

*普段のお手入方法

普段は掃除機がけで充分です。ただし、強力すぎると必要以上に毛を吸い取ってしまいます。

特に、ターボ式など、ほこりを絡め取るタイプの掃除機のご使用はおやめください。

また、粘着テープで埃等を取ることは、織地を痛めますのでお控えください。

汚れが気になるときは、水気をしっかり絞ったぬれ雑巾で毛足にそって拭き、乾かしてください。

敷き場所や敷く方向をたまに変えると、全体の均等性が保たれてより長持ちします。

(季節によって織りの方向を変えて置くと、太陽光の反射の具合で色合いの変化が楽しめます。)

 

小さめサイズは手洗いが可能です。洗い方1を参考になさってください。

水洗いは洗い上がりがすっきりしますが、水分を含むとかなり重くなるので取り扱いが大変です。

洗い方2の方法は、大きいサイズや食べこぼし等の部分的な汚れを落とす場合にお勧めです。

 

*洗い方1

洗剤はウール専用洗剤もしくは薄めた中性洗剤がお勧めです。

(アルカリの強い洗剤は、毛が硬くなったり、縮んだりする恐れがあります)

浴室や駐車場など、水で洗い流せるような広めの場所が良いでしょう。

洗浄面が平らで傾斜があると(すのこなどをバスタブに立てかけるなど)水切れが良くなります。

1.ぬるま湯か水で全体を濡らし、手または柔らかいブラシに洗剤をつけて毛の方向に沿って洗います。

同じ方向に動かさないと毛が絡まって縮む原因になります。

2.洗剤分を流します。(中まで完全に濡らさず、表面を洗い流す感じで。)

3.最後のすすぎは手のひらやブラシで毛の流れに沿って水分をしごきます。

4.水が自然に抜けるまで、そのまま置きます。

5.平らな場所でしっかりと乾かします。

!水分を多量に含んだ状態で吊り下げると、重みで歪んだり、まれに色にじみをおこす恐れがあります。

 

 

*洗い方2

洗剤はウール用の洗剤か薄めた中性洗剤が良いでしょう。

1.洗剤を泡立て、乾いたままの表面にのせ、雑巾で毛の方向に沿って泡を伸ばしていく。

2.ぬらした別の雑巾で毛の方向に沿ってしっかり泡をふき取り、

次に乾いたタオルなどでさらに水気をふき取る。

3.平らな場所で十分に乾かす。

  

<洗う際に気を付けていただきたいこと>

・「塩素系漂白剤」や「蛍光増白剤がはいった洗剤」は使用しないでください。 

 変色や不自然な色あせの恐れがあります。また、排水は環境にも良くないですね。

・中まで完全に濡らしてしまうと乾かすのが大変です。

 泡でウールの表面をこするだけで多くの汚れは取れます。

・柔軟剤のご使用はおひかえください。

 多くの柔軟剤に入っているシリコン系成分は繊維をコートし、一時的に表面を滑らかにしますが、 

 吸湿性を低下させる恐れがあります。

 また、ウールの内部に含まれている油分は使えば使うほど表面に染み出し、

 自然なつやや滑らかさを与えますが、柔軟剤はその働きを妨げる可能性があります。

*保管方法  長期保管する場合は、以下のことにご留意下さい。

 ・湿気のたまらない場所に、必要に応じて防虫剤などを使用して保管してください。

 ・ヒーターなどの熱のあたる場所、長時間直射日光のあたる場所はお避けください。

 ・強い化学物質を近くに置かない。(臭いがついたり、素材を痛める恐れがあります。)

 ・巻いて保管する場合は、表(毛のある側)を内側にしてください。

 

   

《お手入れの際に知っていただきたいこと》

・重曹、ベーキングパウダーのご使用はおひかえください。

 これはお付き合いのあるカーペット専門のクリーニング業者さんから伺ったお話です。

 重曹やベーキングパウダー、またはそれらが含まれているカーペットクリーニング剤の、

 ご使用は絶対にお避け下さい。 

 粉末状のカーペットクリーニング剤は化学繊維用のものです。

 これらは強いアルカリ性のため、水分と反応してウール焼けをおこしてしまいます。

 そのようになってしまったら、残念ながら殆どの場合、取り返しがつきません。
 (毛を付け替えるなどの補修は可能ですが、高額になる可能性が高いです。
 しかし、オールド、またはアンティークと呼ばれる希少価値の高い絨毯やキリムの中には、
 陶器の「金継ぎ」のように、むしろ芸術的価値を高めているようなものもあります。)

 

・遊び毛について

手織り絨毯であるギャッベは、使いはじめにふわふわとした「遊び毛」が出ることがあります。

特に毛の分量が多いものは、パイルの隙間に入り込んだ細かい毛が洗浄作業の際にとりきれず、

しばらくの間、出ることがあります。

これは製作過程上どうしても起こるものですが、使っていくうちにだんだんと収まっていきます。

掃除機をこまめにかけたり、固く絞った雑巾で強めに拭いていただくと比較的早く収まります。

 

・不ぞろいな毛足、くるん!と丸まった固い毛足

使い始めてしばらくたつと、不ぞろいな長い毛足が表面に出てくることがあります。

これはウールを手で拠り合わせて糸にする時点で一方が強く巻かれた部分が、

踏まれたりするうちにほぐれて表面に出てきたものです。

これを見つけたら、周囲の毛の長さにあわせてハサミで切ってしまって大丈夫です。

また、ギャッベを撫で付けると、くるん!と強く巻いた固い毛足が手に当たることがあります。

これは、手つむぎ糸特有のもので品質には問題ありませんが、

気になるようでしたら手でほどいて柔らかくしてもかまいません。

 

・オールド製品。

経年変化による劣化やほつれ等がある場合がございます。

(これも、「枯れた味わい」としてご理解ください)

長年家族のために働いてきた手織物。いたわるように扱っていただければ幸いです。

修理なども承りますので、お気軽にお問い合わせください。

  

・絨毯の虫干しについて

色あせを極力防ぎたいのであれば、風通しのよい場所で陰干しをしてください。

しかし、太陽の下で乾かしたものは気持ちの良いものです。

人間と同じように日やけが気にならなければ、お好みで選んでいただいてよろしいかと思います。

(あくまでも個人のご判断でお願いいたします。)

 

・クリーニングについて

忙しくて手入れをする時間がない、洗う場所や干すスペースが確保できない、自分で洗う自信がないなど、

いろいろなご事情で、クリーニングを任せたいという方もおられると思います。

特にラグサイズ以上になりますと、なかなか取扱いが大変です。

Tiny knotsでは専門業者によるクリーニングも承っております。

各国の大使館から絨毯クリーニングの依頼を受けるほどの腕の良い業者さんです。

Tiny knotsはその業者まで絨毯を持ち込み、一緒に状態を確認した上でクリーニングの依頼をします。

トップページ右上の「おといあわせ」からご相談下さいませ。

(恐れ入りますが、現在のところはTiny knotsでお買い上げいただいた方のみと

させていただいております。)

お客様からお話を伺った後、お見積りさせていただきますが、

状態によりお受けできない場合もございます。

また、絨毯の性質上、汚れの種類や経過日数等が原因で汚れが完全に取れないことがございます。

(お願いしている業者さんは織りを傷めないよう、また環境に配慮し、

塩素系の漂白剤が入った洗剤などは使用しておりません。)

どうぞ、ご理解くださいますようお願い致します。
尚、クリーニング時期は汚れたかな、と感じたときでよろしいかと思いますが、
(アバウトですみません)目安としては3〜5年に一度くらいでご検討いただければと思います。


 

お選びになったギャッベが末永くかわいがっていただけるよう、

当店ではご購入後も出来るだけサポートさせていただきたいと思います。

また、お買い上げ下さった方でなくても、気になったこと、質問などがございましたら、

お気軽にお問い合わせくださいませ。、

(ただし、実物が確認できませんので、具体性には欠けることがございますことをご了承ください。)

   

 

 

 

About the owner

Tiny Knots

何年も何年も、使えば使うほど、風合いと魅力が増していく絨毯やキリム。ふだんの暮らしに彩りと温もりをお届けします。

お手入れ、クリーニング等のご相談もお受けしております。

詳しくは、こちらをご参照ください。

Top